宇都宮市は、関東地方の北部の栃木県の中部に位置する市で、同県の県庁所在地です。やはり、栃木県宇都宮市といったら餃子です。以下に、宇都宮餃子について述べていきます。

①宇都宮餃子のはじまり
栃木県宇都宮市の餃子の始まりは1940年(昭和15年)頃に、宇都宮出身の軍人が帰国に際して本場の餃子の製法を持ち込んだのが始まりといわれています。

②宇都宮餃子会述べて存在と宇都宮餃子の種類は?
栃木県宇都宮市では、餃子専門店と餃子を扱う料理店が合わせて約200軒あり、多くのお店は、1991年に発足した業界団体である宇都宮市餃子会に加盟しています。
また、価格は、老若男女問わず手の出しやすい150円から200円価格帯で、水餃子・揚餃子・焼餃子・スープ餃子など、店舗によりさまざまなスタイルの食べ方があります。

③宇都宮餃子祭り
秋には全国で色んな祭りが催されますが、宇都宮市では宇都宮餃子会を中心とする市民手作りのイベント「宇都宮餃子祭り」が催されます。毎年沢山の人が訪れる訳は、餃子だけでなく、JAZZの演奏もあるので、多くのJAZZファンも参加しているからだと思います。

④宇都宮だから、存在する?変わった餃子関連のもの
宇都宮餃子は、毎年餃子の消費量がトップクラスということもあり、様々な餃子関連のものがあります。
例えば、餃子の像が存在したり、過去には、餃子の駅弁や餃子賞などが存在していました。また、最近では、餃子のストラップも多くのお土産やさんで購入する事が出来ます。

⑤未だ未だある、全国の餃子の街!
餃子で町おこしを最初に行ったのは、栃木県宇都宮市ですが、福島市、宇都宮市、裾野市、静岡市、浜松市、津市、神戸市などでも餃子に関する町おこしを行っています。

⑥みんな大好きな餃子!美味しいお店の見つけ方!
栃木県宇都宮市を訪れたら、本当に美味しいお店のものを召し上がりたいですが、オススメは、栃木県餃子会のサイトで加盟店を検索してみることです。普通のグルメサイトの様に、希望する席の種類や喫煙の有無などから自分にあったお店が検索できます。
また、沢山召し上がってみたい方は、宇都宮餃子祭りで、お気に入りのお店を見つけてみてはどうでしょうか。

⑦まとめ
沢山の番組などで、宇都宮餃子は取り上げられていますが、宇都宮は、これまで、日光までの通過点やJAZZの街としてしかありませんでした。
最近では、B級グルメなどグルメ巡りも流行していますが、グルメ巡りの先駆けをしたのは、宇都宮餃子かもしれません。