最近では、男女を問わず毛のお手入れをすることが一般的になっています。

そもそもなぜ、体毛は濃くなるのでしょうか?

その原因は男性ホルモンの増加によるものなのです。

女性ホルモンは体毛を薄くし、男性ホルモンは逆に濃くするのです。

では、男性ホルモンを強くしてしまう食べ物はなんでしょか?

それはずばり、動物性タンパク質です。

動物性のタンパク質とは、肉や魚等になります。

よく、脂っこいものばかり食べている男性は頭が薄くなり、体毛が濃いというイメージがあったりしませんか?

実はこれ、動物性タンパク質が引き起こしている事実なのです。

動物性タンパク質は体毛を濃くするだけでなく、大切な頭皮の毛穴を詰まらせ抜け毛の原因にもなるため、男性には大敵なのです。

では、どうしら体毛を薄くすることができるのでしょうか?

動物性タンパク質がダメということは、植物性タンパク質が良いということですよね。

正解です!

植物性タンパク質は体毛を薄くするだけでなく、血流を促し頭皮の毛穴のつまりの改善もしてくれる役割があります。

植物性タンパク質とは具体的に、大豆や納豆、豆乳などがあります。

肉・魚好きの方にはとても酷なお話かもしれません。

でも、食べることをやめる必要はないと思いますよ。

なぜならストレスも体毛を濃くする原因と言われているからです。

肉・魚を食べられないストレスを感じるよりは、食べ続けかつ、豆腐などの植物性タンパク質や野菜などをしっかり食べることで、改善していくでしょう。